Log&Crash SearchのNetwork Insight機能の概要

Network Insight機能はアプリとサーバー間のネットワークの品質を調べられる機能です。
Log&Crash Search[設定]メニューの[ログ送信設定]タブ画面から、Network Insightのログ送信可否をONにして、[Network Insight]メニューから[URL設定]タブ画面からサーバーのURLを登録することで簡単に設定して使用することができます。SDKを再配布しなくてもアプリでネットワークの品質指標を収集する機能が有効になります。
また、独自開発したサーバーのURLのみ登録することもできますが、複数のサードパーティのSDKを使用している場合は、それぞれのSDKがアクセスするサーバーのURLを一緒に登録して全体的なネットワークの品質を追跡する必要があります。
遅延時間とエラー率の時間推移は、次のようなチャートで確認できます。遅延時間はアプリがHTTPクライアントとしてHTTPサーバーに接続して、応答を受けるまでの時間を意味します。エラー率はその間のHTTPリクエストの平均的な率を意味します。

推奨される品質基準は次のとおりです。

  • 遅延時間は1.0秒未満であること
  • エラー率は1%未満であること

世界的にサービスされているアプリでは、地域ネットワークの品質の偏差を確認することもできます。

TOAST Meetup 編集部

TOASTの技術ナレッジやお得なイベント情報を発信していきます
pagetop