What’s New in iOS11

まもなくリリースされるiOS11について、新機能や改善点、変更点などを紹介します。

WWDC 2017 + iOS11 Beta

先日のWWDC 2017で、iOS11について多くの情報が共有されました。
iOS11は2017/9/20、新しいiPhoneシリーズと同時に発売される予定です。iOS11のBeta版は下記リンクからダウンロードできます。

Goodbye 32bit

1. 64-Bit Only

  • iOS11は64bit機器のみ互換性がある
  • iOS11からは32bitアプリが実行できないため、32bitアプリで展開するアプリがあれば、64bitアプリに変換する必要がある

2. Compatible Devices

  • iOS11の対応機器は、同時発売予定のiPhoneXiPhone 8を含む、以下のとおり
iPhone iPad iPod touch
iPhone X 

iPhone 8(+)

iPhone 7(+)

iPhone 6s(+)

iPhone 6(+)

iPhone SE 

iPhone 5s
12.9-inch iPad Pro(第2世代)

12.9-inch iPad Pro(第1世代)

10.5-inch iPad Pro 

9.7-inch iPad Pro 

iPad Air2 

iPad Air 

iPad(第5世代)

iPad mini4 

iPad mini3 

iPad mini2
iPod touch(第6世代)

参考

Mac用32bitアプリのサポートは2018年に終了予定

App Storeの変更点

1. Promotion

  • App Storeからアプリを起動/ダウンロードする前に、あらかじめ「アプリ内課金」(以下プロモーション)ができる
    • App Storeから各アプリ内決済商品のメタデータを利用してプロモーション可能
    • そのためには、StoreKitのPaymentQueue(_:shouldAddStore:for:)メソッドを実装して、領収書情報などの決済情報の処理が必要
    • ex)App Store内のプロモーション画面例

2. App Store

  • アプリ登録時のTitleの文字数を50文字から30文字に縮小
  • 代わりに、検索などに使用できるSubtitleフィールドを追加(上限30文字)
  • Localization可能な動画数を増加し、App Previewの動画を3つまでアップロードできるように改善
  • 可変のPromotional Textフィールドを追加(170文字)、アプリ説明の上に表示し、イベントなどの告知が可能になった

App Frameworks

1. Drag&Drop(SplitView)

  • iOSでドラッグ&ドロップ機能を提供
  • iPadではアプリ間のドラッグ&ドロップにも対応
  • iPhoneではアプリ内部でのみ動作する

2. File Explorer

  • 長年、iOSユーザーの要求事項であった公式のファイルエクスプローラに対応する
  • 他のアプリ(GoogleCloud、iCloud、Dropbox、TOAST Cloudなど)との相互作用が可能

Media Format変更

それぞれのメディアの高圧縮フォーマットに対応します。

  • 写真(HEIF)、映像(HEVC)、音楽(FLAC)
  • メディアによる容量管理の面で大きく改善された
  • 新しい圧縮フォーマットに対応するにはA9プロセッサ以上が必要(iPhone 6S以上

1.写真

  • iOS11ではHigh Efficiency Image Formatに対応する(HEIF)
  • HEIFは新しいイメージ圧縮標準で同じ画像品質を提供し、2倍近いデータの圧縮率を提供する

2.ビデオ

  • High EfficiencyのVideo Codingに対応する(HEVC)
  • HEVCは新しいビデオエンコーディングの標準で、H.264と同じビデオクオリティを提供する上、圧縮率も改良した

3.音楽

  • 現時点でAppleは、iTunesとiOSでFLAC形式のファイル再生に対応していないが、iOS11からは音楽ファイルの再生が可能になった

Graphics and Games

iOS11はグラフィックに関連するアップデートが多数ありました。高性能画像認識処理やGPU Computingを対象とした基盤フレームワークが改善されました。

1. Metal2

  • 既存のMetalは、デバイスのGPUを使って3Dグラフィックスをレンダリングしたり、データ並列コンピューティングで使用されたフレームワーク
  • Metal2がリリースされ、その機能が拡大された
  • Metal2 frameworkの発売は後述するCore ML frameworkとの連動により、さらに強力な機械学習モデルなどに対応する
  • Neural Networkに対応し、クロスプラットフォームのMetal Performance Shaderをサポートする

2. ARKit framework追加

  • Device Motion Tracking、Camera Scene Capture、拡張現実の実装を簡素化させるなど、多くの拡張現実の関連機能を持つフレームワーク
  • UnrealのUnity、SteamVRが、これからはMacOS / iOSで使用できる

3. Vision framework追加

  • 顔認識、バーコード、テキスト、Image Horizon、Rectangular regionsなどをDetectたり、Video Objectがトラッキングできる画像認識関連のフレームワーク
  • イメージのcustom modelを実装するために、Core ML Frameworkと連動して使用する

4. Core ML framework追加

  • Core ML frameworkは、アプリケーションでマシンラーニングを簡単に実装できるフレームワークである。高性能を維持し、バッテリーの効率を高めたマシンラーニング機能を実装できる
  • 顔認識、固有名詞認識、オブジェクト追跡、言語認識などの機能は、上位フレームワークであるVision(画像処理)、NLP(自然言語処理)フレームワークに含まれる

Multipath TCP

iOS 9で対応されたWi-Fiアシスト機能は、Wi-Fi信号が弱いとき、Cellularネットワークに接続できる機能ですが、その機能を拡張したものがMultipath TCP(MPTCP)です。

  • MPTCPではprimary TCP connectionでWi-Fiを設定し、Cellularデータを利用してbackup connectionを結ぶ
  • もし、Wi-Fiが応答なし/使用不可の状態なら、Cellularデータ接続を使用する
  • iOS MPTCPフローチャート
  • この機能を使用するには、サーバー/クライアント作業が必要
    • サーバー:MPTCPはTCP Option field 30を使用。サーバーとiOSデバイス間でMPTCPをサポートしないミドルウェアがあれば、MPTCPは正常に動作せず、standard TCP Connectionのように動作する。そこでサーバー管理者は、ミドルウェアの確認と共に、ファイアウォールのポリシーを確認する必要がある
    • クライアント:MPTCPを使用するため、URLSessionConfigurationクラスのMultipathServiceTypeの設定を行う

System

1. Hotspot Extension

  • Hotspotを設定するため、Network Extension Frameworkが追加された
  • Xcode Project CapabilityのHotspot Configurationを有効にした後、NEHotspotConfigurationManagerを利用して設定されたSSID等に接続できる

2. Core NFC Framework

  • 今後、iPhoneでNFCデータの読み取りが可能(書き込みは不可)
  • NFC Tagの読み取りや、NDEFデータが含まれるメッセージの読み取りができる

3. APFS(Apple File System)

  • 既存のHFS +ファイルシステムからAPFSシステムにデフォルトのファイルシステムを変更
  • 実際は、HFSファイルシステムにコンピュータセキュリティ、個人情報保護などの付随機能をつけ、AppleがHFS+を保守してきたが、今回このような要求をすべて満たすAPFSに変更することになった

おわりに

iOS11では主にARKit、CoreML Frameworkが注目され、サービス開発面では、App Store Promotion機能や、MPTCP、32bitアプリのサービス終了計画などの問題が重要な点です。
ここに紹介した他にも、たくさんの機能がiOS11に追加されています。(例えばSwift4、HomeKit、SiriKitなど)より詳しい内容が紹介されているReferenceリンクを下記に記述しておきます。

Reference

TOAST Meetup 編集部

TOASTの技術ナレッジやお得なイベント情報を発信していきます
pagetop